どんな自分でも挑戦してみることは許される!


私は小さいころから内気で暗くて、友達も少ないなんの取り柄もない女の子でした。学校では派手な女子のいじめの対象となり、男子からはからかわれ、、毎日憂鬱で自分の居場所がありませんでした。

だけど密かに憧れているのはテレビの中の可愛くて明るいアイドルの女の子。可愛くて、みんなの憧れで、キラキラ輝いている彼女たちをみるとわたしもいつかこうなって、今まで自分を見下してこられた同級生を見返してやりたいと、いつも思っていました。

そんなときインターネットで無料のアイドル育成のオーディション募集の記事を見つけました。そのインターネットの表紙のアイドルのあまりの可愛さにそそられ、引き付けられるかのように、遊び半分の気持ちで書類審査に応募してみることにしました。自分の持っている洋服で一番かわいいものを着て、さらに普段はしないお化粧、巻き髪にして写真を送りました。

すると後日なんと書類審査合格の通知がきたのです!!なんとも驚きましたが、これでこの私がオーディションに参加できる権利を持つことができたのです。自分は本当はなにかすごい才能をもっているのかも、と自分に酔ってしまいました。(笑)

オーディションを受けるかは相当悩みましたが、せっかく書類審査に受かったのだから、行くだけ行ってみようと思い、挑戦してみることにしました。
こんな内気な私でも実は歌は得意。テレビの前で家族にもこっそり、アイドルと一緒に歌って踊ることが今までの私のストレス発散方法でした。(笑)オーディションでは自分の好きな歌を歌うというものがあるので、オーディションの日まで家でひたすら歌の練習をしました。本当にアイドルになった気分で楽しんでいました。

そしてオーディション当日。あがり屋な私は緊張して歌えなくなるかなと思っていましたが、意外と自分の番が始まると完全にアイドルになりきって、楽しんで歌うことができました。きっと普段の私を知っているひとが誰もいない環境で、どうにでもなれとありのままの自分を出せたからだと思います。

結果は残念ながら不合格でしたが、なぜだかオーディションを受けたことで少しばかり自分に自信が持てた気がします。またオーディションを受ける機会があれば行きたいです。